I・T 広場
 新規投稿は左のボタンを、既投稿への応答は下段の投稿ボタンをクリックしてください
追加処理中はブラウザーの戻るボタンは使わないでください。重複投稿として扱われます
テーマ名で選択
タイトルと本文で選択
掲載時期で選択いつから ~ いつまで
西暦形式で2000-01-01のように年月日を - で区切ります
表示順序  並べる項目を指定投稿日 投稿番号 最近のものが上にきます

   対象が101件あります         ホームに戻る

投稿一覧   <左側の★は応答文 全体の中の1~30件を表示>

2017-03-18 SearchIndexer.exe (Windows Search)の停止(サービス停止)  投稿者:管理人 テーマ Windows10
 1.「スタート」-「プログラムとファイルの検索」ボックスに「Services.msc」と入力→サービスが起動
(コンパネ-「管理ツール」-「サービス」でも可)
2.Windows Searchを右クリックし「プロパティ」をクリック
3.「スタートアップの種類▼」を「無効」に し「適用」-「OK」をクリック
4.Windows Searchを右クリックし「停止」をクリック
 動きが良くなるかな?
      

2017-01-21 ルーターの買い替え  投稿者:管理人 テーマ 
 無線ルーターを買い替えた。理由は、①これまでの安価なルーターだと2.4GHしかサポートしていなかったため、家電が発するノイズに煩わされていたこと ②ルーターにUSBディスクを接続し複数のパソコンで共用したかったの二つの理由による。①は無線子機に5GH対応でないものがあり、USB無線子機を使っているデスクトップパソコンでは折角の機能が利用できていない。ルーター接続のディスクはFTPとSAMBAで利用できる。Windpowsで初期設定(Initializesと最初のデータのコピー)したものは、FTPで利用するとPermission deniedとなる。FTP上でのPermissionを変更しようとしてもうまくてきない。LINUXなのでSSHで接続できれば処理できるのだが、当面はSAMBAを利用してリモートディスクとして利用している。SAMBAで利用する上ではうまく利用できる。FTPの場合もすべてのUPとDOWNLOADをFTPで行えば問題ない。FTPで更新したファイルも共用する際はSAMBAを利用する。とりあえずは、写真や音楽の共用から始めた。ディスクを持ち運ぶことがなくなり重宝している。ルーター接続のUSBディスクは廃棄処分した際のノートパソコンのディスクを抜いたものを流用しており、誰も利用しないときはUSBのスイッチを切ることで省エネと安全性の確保を図っている。
      

2017-01-08 FEDORA25に切り替え完了  投稿者:管理人 テーマ LINUX
 昨年末にバージョンアップは済ませていたが、ホームページで利用しているPHPで一部うまくいかない箇所があり放置していた。年も改まったのでまじめに解決に取り組んだ。
途中試行錯誤があったが、結局 PHP7 になったようで、これまでと互換性のない命令を使っていたのが原因だった。 ereg_re@lace を str_re@lace に置き換えることで正常に作動するようになった。
      

2016-07-27 当サイトの言語をUTF-8に統一  投稿者:管理人 テーマ インターネット
 当サイトの言語は

 サーバー処理をする部分は
  1 開発言語PHP
  2 データベースはPostgres
 を使っているが言語は開発当初はEUC、数年前からUTF-8を使っている。
 HTMLで作るページは一般的なSift-Jisにしてを使ってきた。このため、アップする際、サーバー側 の言語体系にFTPクライアントで変換していた。このやり方だとときどき間違って文字化けが生じる。
 今回3日かけて Charset=Shift_jis を UTF-8 に変更し、ファイルの保管も
 UTF-8に統一した。
 この結果、FTPでアップする際、PHPもHTMLもバイナリーで無変換でよくなった。
      

2015-11-26 バッテリー状況の確認  投稿者:管理人 テーマ Windows10
 CommandPromptから
  powercfg.exe/batteryreport
を実行すると html形式でレポートが作成され、作成場所が表示されるのでそこを開いて確認する。
      

2015-11-16 オフラインディスクをオンラインに  投稿者:管理人 テーマ Windows10
 コマンドプロンプトからDISKPARTを起動 
 ->DISKPART

DISKPART> list disk
オンラインにしたいディスクを指定
DISKPART> select disk n
DISKPART> online disk
でオンラインになる。
      

2015-10-30 WIndows10のシステム情報の入手方法  投稿者:管理人 テーマ Windows10
 「ファイル名を指定して実行」で「msinfo32」 といれると
OS 名 バージョン OS 製造元   システム名 システム製造元 システムモデル
システムの種類 プロセッサ BIOS バージョン/日付 SMBIOS バージョン 埋め込みコントローラーのバージョン BIOS モード BaseBoard メーカー BaseBoard モデル BaseBoard 名 プラットフォームの役割 セキュア ブートの状態 インストール済みの物理メモリ (RAM) 合計物理メモリ 利用可能な物理メモリ 合計仮想メモリ 利用可能な仮想メモリ ページ ファイルの空き容量 ページ ファイル
などの情報が入手できる。
BIOSの更新要否の確認にも役だつ。
      

2015-10-18 Multi Bootの省略時起動OSの指定方法  投稿者:管理人 テーマ LINUX
 SSH Terminal から
su で rootに入り (または sudo )

gedit /boot/grub2/grub.cfg
で 最初に起動させたい(Default OS) の名前を調べておく
  
     menuentry ‘ windows10 ..... と定義された値
次に
 gedit /etc/default/grub
で開き
中にある GRUB DEFAULT=0 を menuentry で定義されている名前
    GRUB DEFAULT=’windows10....’   に置き換えて更新(保管)

SSH または端末から root User で
 
  grub2-mkconfig –o /boot/grub2/grub.cfg

を実行して 置き換えた grub を grub.cfg に 反映して(置き換えて) Reboot
      

2015-10-18 Windows10に移行完了  投稿者:管理人 テーマ Windows10
 我が屋にはパソコンが数台ある。内訳は自分の趣味用に2台、いろいろ管理や調査用に2台、家族用に1台、linuxサーバー用に2台である。ほとんどが中古機を購入し、メモリーやディスク増設などをしたものである。Windows系のパソコンはWindows10がリリースされてすぐにVersionUPに着手した。Note型 64Bit 6G Win8.1 、デスクトップ型 32Bit Memory 4G Win8.1 、 Note型 32Bit Memory 3G Win7 と順調に移行できたが、一台のみ Update途中でエラーになりインストラーが勝手に元のWin8.1 に戻してしまう。Windpwsのアップデートで解消されるようなガイドもあったので何度も更新してチャレンジしたがうまくいかない。そこで、エラーメッセージをつぶさにチェックしていったら、・・・・Page Fault なる文字が目に入った。このパソコンは国内メーカーの純正品を中古で購入し、いつものようにメモリーとディスクを増設して使っていたものだった。 32bit仕様なのでひょっとして4Gがまずいのかと思いメモリーを3Gに減らして再試行してみた。これでようやくうまくいった。数字のエラーコードで紹介されている対策ではうまくいかなかったので公開した
      

2015-06-22 FEDORA22に移行完了  投稿者:管理人 テーマ LINUX
 FEDORA22への移行ガ済んだ。ユーザーのグループ変更をGUI画面がなくなったのでコマンド方式にしたくらいで移行の問題は何も発生しなかった。ただ無線ルーターのWIFI接続がユーザーのログイン時にされるように変ったので、今迄通りにBOOT時に接続させたいと考えAUTOLOGIN USER を新設して起動時に接続されるように工夫した。WIFI接続もanyを受け入れる方式だと繋がったが、WIFIルーターでany接続を受け入れるようにしているとSSIDが公開されるので避けた方が良い。接続時にSSIDを指定する手間はかかるが設定時に一度すれば済むことだ。
      

2015-01-22 FEDORA V20をUSBを使ってV21に  投稿者:管理者 テーマ 
 FEDORA V20をV21にするのに、これまではNetworkInstallerのISO形式のものをCDにコピーした後で実行していた。これだとCD/DVD Dirverのないパソコンでは導入できない。そこでCDではなくUSBにコピーして導入できないかを調べて試してみた。
以下手順
 Fedora20で yum install liveusb-creator で導入したソフトを使って isoイメージを直接USBにDownloadして そのUSBから起動すると CDにコピーすることなくInstallができる。 同じはずなのだが、WindowsでDowloadしたISOイメージを同じソフト(liveusb-creator)でusbにコピーしたものではうまくいかない。boot情報がWIndows用になるようで、USBを起動最優先にしてLinuxとして立ち上げようとするとエラーになる。したがってFedoraを始めて導入するときは別のやり方になる。
      

2015-01-09 メモ書き 無線LANの強度について  投稿者:管理者 テーマ 情報保護
 最近はAES(WPA2+PSK)を使っているが、昔はLinuxの関係でWEPやTKIPを使っていたこともあった。因みにWEPは数分で解読可能らしい。TKIPも時間をかけると解読できる。
      

2015-01-09 FEDORA21にVersion Up  投稿者:管理者 テーマ LINUX
 投稿が遅れたが昨年末にReleaseされた翌日にVersionUpを済ませた。特に問題はなく 開発用のLocal Serverとして Apache Postgres PHP FTP SSH を利用している。
      

2014-02-02 FEDORA V20にUP  投稿者:管理者 テーマ LINUX
 昨年末VersionUpしたままでテストができていなかったがようやく終わってV20に切り替えた。
変わった点
 1. システムのアップデートをコンソールから yum update で行うようになった
 2. apacheから書き込みをするとgroup Permission を正しく設定していてもPermission Errorになる。
    bugのようだが、 setsebool -P httpd_unified 1 で解消する。
くらいで V19 とさして変化はない。
ただし、APACHE FTP PHP POSTGRES SSH を LAN SERVERとして使っているのとGIMPやOpenOfficeを使っている程度。
      

2013-08-14 情報漏えい  投稿者:管理人 テーマ 情報保護
 新聞やテレビで情報漏えいが報道される。数千人とか数万人分漏れている。
そこで情報漏えいについて少し考えてみた。
1.公開されているネット情報を寄せ集めて大量の個人情報を収集する方法。
  通常は、公開していても一度に照会できる件数に制約をつけている。
  通常一覧表示はしていない。
  会員制の場合は、会員単位で照会数に制限をつけるなど管理されている。
2.サーバーから盗む方法。
  名前と住所は一緒に持たない。テーブルも分割し暗号化キーで紐づけする。
  メールアドレスや電話番号のように名前がわからなくても悪用できる可能性のあるものは
  そのままデータベースに保持しない。かならず暗号化して持つ。
  暗号化に当たっては、検索対象にするのであれば、他者にはわからず自分のみ解析できるような
  固有の暗号化手法を考えなくてはいけない。

  盗まれるとしたら
    FTP でDBの物理的なファイルをそのまま盗む。Export、Unload、archive ファイルを
       Downloadするなど。
    前期ファイルをLAN環境でファイル共用などによって自分のパソコンに取り込み物理的に持ち出す。
  httpでも条件がそろっていればDownloadできる可能性はある。要はDBのConnection時のID、パスワードのみでは全とは言えないので、そのままで利用できそうな項目はデータを暗号化すれば、盗難にあっても流用されるリスクは少なくなる。

  持ち出されない管理も大切だが、持ち出されても簡単には利用できない工夫も考えてほしいものだ。





      

2013-08-07 やさしいことは簡単に、難しいものはより難しく  投稿者:管理人 テーマ ITいろいろ
 テレビ番組でロボットの働きがどのように作り込まれていくかを見た。そこで、システム開発の生産性向上に取り組んだ昔を思い出した。
システム開発の生産性を向上させるツールとして、簡単なことをより簡単にするものがあった。そういったツールは、一方で難しいことをより難しくしてしまうことに気がついた、。なぜかというと、うまく作業する人や効率よく物事を進める人を手本にして仕組みをつくるからである。そういった人は簡単なことは手際よくこなす術を心得ているので、初心者をあるレベルに一気に引き上げ、作業量の多い部分の省力化におおきな効果を発揮する。しかし、難しいことは誰がやっても難しい。こういった難題にそのまま適用できるようなものはない。ベテランも難解な部分の解決のために必要な時間の大部分を投入する。しかし、作業量から見ると若手で対応できる部分のほうが多い。だから人手の掛かるこの部分を効率化しようして取り組む。ところが、この不効率な部分はいずれ難問を解決する人材の育成ステップになっているのである。ここを省略して人材は育たないし、育てられない。簡単なところだからといって、安易に省略してしまう方式を採用すると、いずれ自分たちの首を絞める事態が訪れる。大切な無駄、必要な無駄と当面の利益とどちらが大切かしっかり考えて運営していきたいものだ。
      

2013-07-14 FEDORA19にVersionUp  投稿者:管理人 テーマ 
 7月2日に当初の予定よりは一週間遅れたが、その時点の発表通りリリースされた。V18は大幅に遅延したので今回も同じようになるのではと心配していたが、問題は解消できていたようだ。
V19は、導入もLANサーバーとしての用途でも何も問題は生じていない。
いくつかの導入作業時の自分用のメモ書きを紹介する。(以下項目によってはV19に限定していない)
Install時、ネットワークからの導入方式を選んだ時にV18ではMirrorの指定が要求されたがV19ではV17と同様に自動的に検索してくれるように戻った。
PHP-GD、PHP-Mbstringも追加導入は不要になった。
導入時のパッケージ指定にVS-FTPがないので、Virus関連ソフトと共に後で追加導入する。
FTPは sudo setsebool -P allow_ftpd_full_access 1 を実行していないとUP時にPermissionエラーになる。Local使用でも http、vsftpとかFirewallで許可が必要。
他に php.ini httpd.conf vsftpd.conf などはカスタマイズ。後は、htmlフォルダーのコピーとPermission Group owner設定とpostgresDBの移行をすませると完了。(これは 旧バージョンで structureとdataをsql文でエキスポートしたファイルから再作成している。事前にinitdb、create db、create user、grantは実施)
      

2013-05-15 運用はみんなで分担  投稿者:管理者 テーマ ITいろいろ
 日経コンピュータによると最近コンピュータの運用担当者の位置づけに変化が出始めているようだ。クラウドに関する高度な技術を持つSEが運用も担当するとか開発担当SE、企画担当SE、セキュリティ管理SEなどそれぞれの分野で高度な知識を持ったSEが運用まで含めて管理するようになるらしい。この流れは、運用がどんどん自動化されてきたことに起因するようだ。ただ、これは別に目新しいことではない。コンピュータが使われ始めた当初は、開発も企画もオペレーションも出来上がった帳票の配布まですべて業務単位(縦割り)でこなしていた。仕事として完結させていたのである。当然担当する業務で必要なノウハウに違いはあったが、全工程を担当するのだから仕事をしている実感は高かったと思う。当時と必要な知識量は大幅に増えているが、教育も含めてサポート体制も改善されている。大変だろうが、やりがいも従来以上に出てくるだろう。時代はスパイラルにめぐる。がんばれSEと応援している。
      

2013-07-22 タブレット端末  投稿者:管理者 テーマ 
 タブレット端末を4桁の価格で購入した。OSはアンドロイド。すべて指で操作する。リンク先をタップ(マウスのクリック)したり検索キーワードを画面のキーボートで入力するのは結構なれるのが大変である。安もののせいか反応が鈍いのも難点である。「終わる」がないので、思うが侭に別のアプリに切り替えられる。また、「戻る」がないので前のアプリの続きに戻るには、「直近に使ったアプリ一覧」から再度指定する。これは慣れると気にならなくなる。
画面キーボードのXがbackspaceになるが、これが曲者である。うまくタップしないと消したくなかった文字までみんな消えてしまう。
いろいろあるが、なにより自宅のルーターにWIFI接続で使うとネット費用は掛からないし、スイッチもすぐに入るし、軽くて持運びも簡単で電池の持ちもまあまあなので、辞書代わりとメールの確認、それにニュース検索に大変役立っている。
      

2013-03-05 SOHOからnomad workerに  投稿者:管理者 テーマ SEとしての発想
 雑誌を流し読みしていたらノマドワーカーなる言葉が目に入ってきた。一時騒がれたSOHOとも違うらしい。SOHOは働く場所の多様性を提起したものだったが、ノマドは独立した企業家としての扱いのようだ。サラリーマンとしての枠に縛られない代わりに老後の生活まですべてを自己責任の下で実現しなくてはいけない。これもITの進歩により可能性が見えてきた生き方かも知れないが、誰にでもできることではない。
  参考URL      

2013-02-05 クラウドファースト  投稿者:管理人 テーマ 
 最近また新しい言葉が出現した。クラウドファーストである。サーバーを共用サービスのもので済まそうという発想である。サーバ-を管理しないぶん高度な技術者を自社で抱える必要はなくなる。費用も節減できる可能性が高い。ソーシャルネットワークの充実を企業活動でも便乗活用して利便性を享受しようとの思惑である。
ソーシャルネットワークは、個人で多目的にネットワークを活用する人が増えてきたこと。さらにこの流れを支えるソーシャルサーバーの強化・整備がされてきたこと。個人で利用できるアプリケーションが充実してきたこと。などにより利用者の要求と環境整備が良い方向に噛み合って拡大の一途をたどってきている。ただ、中には大変レスポンスの悪いサービスも存在する。ソーシャルネットワークは、もともとが企業活動のような厳しい競争を前提にしていない世界なのでおのずとサービスに限界があるようだ。このようにサービスレベルが保障されていないサービスに乗っかって費用削減を図り短期利益の獲得に走るといつか手痛いしっぺ返しを受けるリスクは高まる。利用範囲は限定したほうが良い。ご用心ご用心である。
      

2013-01-24 Fedora18導入  投稿者:管理者 テーマ LINUX
 Releaseが遅れていたFedora18に入れ替えた。Install手順が大幅に変わった。一番困ったのは、利用目的を「サーバー」にするとGUIのGnoneが導入されずに文字形式のインターフェースになる点である。いまさらキャラクタータイプのインターフェースは面倒である。Fedora17でサーバー環境を追加として導入できたので、GUIもHTTP、POSTGRES、FTPなどのサーバー機能も一緒に使用する環境が簡単に作れた。Fedora18ではこの部分の指定が変わったので、まずデスクトップでの利用としてInstallし、その後でサーバー機能を指定して個々に追加していかねばならない。VersionUPの方法をとればこの問題はなさそうだが、今回は使い古しのディスクに導入したので新規導入の手順になった。個々に導入すると必要なモジュールを指定するのが大変である。利用目的が自宅のウェブ開発用のサーバーなので、レスポンスや処理効率より必要機能を使えるようにできればよいのだが、新方式だと大変手間が掛かる。
      

2013-01-24 Windows8にVersionUp   投稿者:管理者 テーマ 
 Windows7を8にVersionUpした。DSP版なので5000円ちょっとである。OSのバージョンアップとしては安い。8は事前にいくつかの資料に目を通していたのでほぼ予想通りの感触である。
デスクトップは、必ずしも使いやすくはなっていない。タッチパネル様式と7方式の切り替えは簡単にできるように作られているのであまり抵抗はない。ただ、すべてのプログラム一覧から探すときは一覧もボタン方式なのでみつけるのは大変である。今のところ、7と同じように使っているし使えている。目立ったバグは出ていない。
が、やはり、タッチパネルが使えるパソコンでなければ、本来の良さは生かせていないと思う。
      

2012-10-03 xlsとxlsxの混在ファイルのダウンロード  投稿者:管理者 テーマ 
 Office2003までの形式のxlsファイルをダウンロードしてプログラムで開くを指定して開いた後で、Office2007以降の形式のxlsxファイルをダウンロードして開こうとするとファイルが壊れていて開けないというエラーになる。これは、ファイルの種類とプログラムの結びつけがOfficeのバージョンまで指定できないことに起因していると思われる。Dowmloadでプログラムで開くを指定せずに一旦ファイルとして保管し、その後でExcel2010を立ち上げてファイルとして読み込めばよい。
どうしても、プログラムで開く方式が使いたければ、自己流の解決方法だが、xlsの処理をするプログラムを別のものにすることで、xls形式のファイルはExcel2010では処理させないようにした。これでxlsx形式のDownloadの問題は解消する。ただし、旧型式のxlsは一旦ファイルとして保管した後で処理しなければならなくなる。開くときは「プログラムから開く」でExcelを指定する。
  参考URL      

2012-09-16 Fedora17 導入  投稿者:管理者 テーマ 
 この前Fedora16にしたばかりなのにFedora17がもうReleaseされた。Network版をDownloadして導入した。
Network版は容量が小さいのでDownloadも早くDVDでなくCDに焼ける。しかも最新が取り込めるのでInstall後の更新もない。DVD版は最初にReleaseされたものが更新されないので、Releaseされて時間が立つほど導入後のUpdateに時間がかかる。Network版はいいことばかりである。無線LANでも問題ない。
ところで、Fedoraの背景画面はこれまで深海のようすなど暗いものが多かったが、今回は花火である。
いつもは壁紙をいれかえていたが、当分このまま使おうと思っている。

VSFTPDでファイルの転送はできるのにサブディレクトリーのcreateができない。
(解決方法)管理者メニューの「SELINUXトラブルシューター」を開きSeLinux通知ブラウザーに書きだされたメッセージに従って下記処理をすることで解消
grep vsftpd /var/log/audit/audit.log | audit2allow -M mypol
semodule -i mypol.pp
を sudo または root 権限で実行する
      

2012-06-07 FEDORA16をCD版で導入  投稿者:管理者 テーマ 
 これまでは、新Releaseが発表されると比較的早いタイミングでDVD版をDownloadしてVersionUPしてきた。最近、必要があって数か月前にReleaseされたVersionをInstallすることになった。しかも古いパソコンなのでDVDが読めない。CD版を探していて下記ページにNETWORK版があるのを見つけた。
初めてであったが、これを使ってInstallするとInstall時に最新版をネット経由でとりに行くのでUPDATE不要の最新Releaseが導入できた。
  参考URL      

2012-05-20 FEDORA16でUPDATEができなくなった  投稿者:管理者 テーマ LINUX
 更新作業中に別のソフトの導入をしてパツケージ管理ライブラリを壊した。
yum-complete-transactionを実行しなさいと指示が出た。やって見たがうまくいかない。
以下のコマンド
/usr/bin/yum -y install yum-plugin-fastestmirror
/usr/bin/yum -y update
を実行した後でもう一度実行したらうまくいった。
ときどきこの現象が起きるが今回はyum-complete-transactionで解決しなかったのでメモ追加。
      

2012-03-01 サーバー会社の変更  投稿者:管理者 テーマ 
 10年近く利用してきたレンタル・サーバーの委託先を変更した。
従来の契約先はWADAX、新しい契約先はServerQueenである。
変更理由は、単に費用である。レンタル料金の月額2千円は禁煙で浮いたお金を投入していたが、禁煙が当たり前になり、年金生活で収入が限定されるとやはり少しでも安い方がありがたい。
まだ日は浅いが、機能面、サービス面、レスポンス面いずれもWADAXに遜色ない。小生が求めたサーバーの要件は、機能面ではGD(画像加工)機能とMB機能を組み込んだPHP,データべースはPOSTGRESQLとMYSQL、それにBASIC認証とAPACHE LOGの入手、FTPアップであり、比較もその範囲内になる。ただ、漢字コードがEUCからUTF-8に変更(DBのコードも含めて)になり少し手間取った。この際ということで自宅サーバーも含めてUTF-8に統一した。当然 .js(javascript)もUTF-8に変換する必要がある。併せて、開発用のEditorを言語区分がわかりやすいTeraPadに変更した。
通常のページ(HPBで更新)はこれまで通りShiftJisにしている。
一連の作業により、毎月タバコ2箱(いずれは一箱)分相当で遊べる。
      

2011-12-31 Office2003とOffice2010の両方を使い分ける際の問題  投稿者:管理者 テーマ Office2010
 必要があってたまにOfficeの旧バージョンを使う。その後で2010でWordを使おうとすると起動にとんでもない時間がかかる。数分待される。
これはレジストリーを新旧のOfficeで共用していることに起因する。
ここに、対応策が載っている。「Word 2010、Word 2007、Word 2003、または Word 2002 の起動時または使用時に発生する問題のトラブルシューティング方法」。面倒なのは、新旧Officeを混在使用する都度この作業が必要なことである。
通常は新バージョンで作成やな更新をしても旧バージョン形式で保管すれば旧でも利用できるので必要性は低いのだが仕組みを開発する者にとっては時に必要になる。開発コストを下げる意味もあるのだろうが不便を強いられるのはごめん被りたい。
  参考URL      

2011-09-15 ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせるには  投稿者:管理者 テーマ パソコン ハード
 バッテリーとACアダプターからの電源を使い分けている場合、バッテリーの充電を100%までするような設定にしているとしょっちゅう充電を行い常に100%の状態にしようとする。この指定のままにしていると電池の劣化が早まる。PowerManagementで「energy star」モードに設定すると50%で充電を停止する。当然バッテリーでの利用時間は短くなるが、バッテリーの寿命は延びる。外出などで長時間使いたいときのみ100%充電するように設定を一時的に変える。
なお、バッテリの状態がチェックできるフリーソフトも提供されているので利用すると管理がしやすくなる。
      


  つづき   ホームに戻る